地盤補強

地盤補強が必要な土地

水の存在や谷や湿地を意味する地名がつけられた場所は、「軟弱地盤」が多いと言われています。 このような土地などは調査後、補強が必要という保証会社の指示のもと必要なら改良工事が発生します。

地盤補強工法:GRRシート工法

GRRシート工法は、所定の厚さを有する砕石地業中にジオテキスタイル(シート)を敷設することで、砕石地業による地表面付近の剛性補強効果とシートによる砕石層の変形拘束効果によって、支持力補強効果を得ることができる工法です。

GRRシート工法で使用される「タイパー」について
日建ウッドシステムズ 「GRRシート工法」は、デュポン社製ポリプロピレン不織布「タイパー」を使用しています。抜群の強度、酸・アルカリへの耐性、土中においても腐食や加水分解しません。 また半永久的な耐久性能があるため、世界各国の高速道路・滑走路・線路などの地盤補強 に数々の実績がある素材です。
GRCシート工法では建築技術性能証明を取得しております。

地盤補強工法:DM工法

DM工法は、小規模建築物施工に最適な杭状地盤補強です。

1.先端羽の取り付け

材料の受入検査を行い、先端翼と鋼菅をボトルで固定

2.補強材の立て込み

鋼菅を吊り、先端を芯にセットする

3.回転貫入

鋼菅を地盤中に回転貫入させる

4.継手

下杭を適切な位置で打ち止め、上杭を接続

5.打ち止め

所定の深度まで回転貫入し打ち止める

6.施工完了

芯ズレが許容範囲内であることを確認して施工完了。