phc-main

高橋重機にはPHC杭を引き抜く方法が2つあります

輪投げ工法

輪投げ工法とは、地中にある既存杭をケーシングを回転させながら掘削し、杭にロープをかけて引き抜く工法です。
杭引抜工事の中では工期が短く、コストも標準的であるため、最も普及してる工法です。
高橋重機でも輪投げ工法を行うことが可能であり、輪投げ工法で杭が全部抜き切れないなどの事態が起きた場合は、HTG工法に切り替えるなどの対応も可能です。

輪投げ工法のメリット

  • 工期が短いので工事全体の工期に影響を及ぼしにくい。
  • 真っ直ぐの杭はもちろん、多少曲がっている杭でも対応可能。
  • 大口径杭や重量杭の撤去が可能。

輪投げ工法のデメリット

  • ワイヤーにて引っ張るため、中折れしている杭を残置する場合がある。
  • 杭を引き抜いた後の埋め戻し処理を、杭を抜いた穴の上から充填材を入れるので内部で混ざらす、不均一になったり、空洞ができてしまう可能性があります。

輪投げ工法にて撤去できる杭の種類

  • 松杭
  • PC杭
  • 摩擦杭
  • 現場造成杭
  • 拡底杭

ハイドロティップグローブ(HTG)工法とは【協会認定工法】

専用ケーシングにて既製杭の外側を掘削、深度まで掘り下げ先端に達したところで杭先端をキャッチし、そのまま引き抜く工法です。又、杭先端でキャッチするため、折れた杭も引き抜き可能です。掘削時にケーシング先端部から充填液(セメントミルク)を吐出するので、ケーシング内外の土砂をソイルセメント化させながら掘削を行います。杭先端で確実にキャッチするので杭の破損もなく、打没時に施工したセメントミルクも同時に撤去可能となります。

HTG工法のメリット

  • 杭全体をケーシングで包んだ状態で杭先端にて爪でチャックして引抜くので、確実に杭を引抜くことができる。
  • 折れてしまっていた杭でも安全確実に引抜くことができる。

HTG工法のデメリット

  • 工期と費用が通常の引抜き工法よりもかかる。

HTG工法の仕組み

①チャッキング

チャッキングヘッドに爪があります。
掘削して杭を引き上げる際に、ケーシングのこの爪で杭を包み込み、そのまま地上に引き上げます。この工程がHTG工法の一番の特徴であり、高橋重機ではこのチャッキングヘッドを独自仕様にしているので、更に確実性を上げて杭を引抜くことができます。

②ケーシング

高橋重機では、36m以上のケーシングを完備しております。PHC杭の長さはその杭が埋まっている場所の支持層の位置にもよります。支持層が20mよりも深い場所の場合は、20m以上の杭になります。事前の調査により使うケーシングの長さを特定し、確実に杭を引抜きます。

③様々なベースマシンを保有

私たちはHTG工法を行うための、ベースマシンを多数保有しております。
ベースマシンのパワーによって、引抜ける杭の規模が変わってきます。
高橋重機では様々な規模のPHC杭引抜きを行えるよう設備を整えております。

HTG工法の流れ

1.事前調査・測量

工事に入る前に、周辺の車両通行関係調査・施工地盤強度の確認・近隣建物の隣接状況などを確認します。

2.重機搬入・養生

事前に重機の搬入進路を確保し、現場へ重機を搬入します。
同時に現場の養生を行います。

3.重機の展開・ケーシング接続

使用する重機の組み立て作業を行います。杭の長さに合わせてケーシングを取り付けます。

4.動作確認

重機が正確に稼働するか、ケーシングについてはチャックが正確に動くかを確認します。

5.位置合わせ

頭出しした既存杭の杭頭とケーシング位置を合わせます。

6.掘削作業

掘削液を吐出させながら所定の深度まで掘削します。

7.ケーシング引き上げ

既存杭が長い場合は、随時杭をカットしながら ケーシングを引き上げます。スピードなどは管理装置にて管理します。

8.埋め戻し材注入

ケーシングを引き上げながら所定の埋め戻し材を注 入する。

HTG工法

作業風景

埋め戻し処理の丁寧さ

  • セメントミルク材を主な充填材として使用しています。
  • 事前に決定した埋め戻し材の仕様で、コンクリートの圧縮強度試験を行なっています。

高橋重機の使用重機

施工機械
大割機
油圧オーガー
上部ケーシング
中間ケーシング
チャッキングヘッド

PHC杭が残ったままだとこんなに大変!

bad02

解体工事の際、PHC杭が残ったままだと資産価値が下がり、次の施工の邪魔にもなるため、杭の引抜工事は必須です。
高橋重機では、このPHC杭引抜工事を得意としており、全国から依頼をいただいております。 小型の重機により住宅街などの狭い区画でも引抜工事が可能です。

 

PHC杭引抜工事

でもおまかせ!

既成杭打設によって地中に埋設された杭を、掘削部分の先端がスクリュー型をしたドリルのオーガドリルのビットを用いて地盤を掘削し、 杭の先端部に高圧水(ウォータージェット)を送水して掘削することにより杭を引き抜く工事です。
強固な岩盤や深い地盤への引抜きが可能です。

 

PHC杭引抜工事の流れ

1.杭頭を出す

まずはバックホウを使用して杭の頭を出していきます。

2.ケーシングのセット

続いて杭頭とケーシングをセットします。

3.杭の縁削除

オーガで杭の縁を切ります。

4.ケーシング引き上げ

ケーシングを引き上げていきます。

5.完了

ケーシングが引き上がれば工事完了となります。