PHC杭引抜工事(HTG工法)

ハイドロティップグローブ(HTG)工法とは

専用ケーシングにて既製杭の外側を掘削、深度まで掘り下げ先端に達したところで杭先端をキャッチし、そのまま引き抜く工法です。又、杭先端でキャッチするため、折れた杭も引き抜き可能です。掘削時にケーシング先端部から充填液(セメントミルク)を吐出するので、ケーシング内外の土砂をソイルセメント化させながら掘削を行います。杭先端で確実にキャッチするので杭の破損もなく、打没時に施工したセメントミルクも同時に撤去可能となります。

作業風景

PHC杭が残ったままだとこんなに大変!

bad02

解体工事の際、PHC杭が残ったままだと資産価値が下がり、次の施工の邪魔にもなるため、杭の引抜工事は必須です。
高橋重機では、このPHC杭引抜工事を得意としており、全国から依頼をいただいております。 小型の重機により住宅街などの狭い区画でも引抜工事が可能です。

 

PHC杭引抜工事

でもおまかせ!

既成杭打設によって地中に埋設された杭を、掘削部分の先端がスクリュー型をしたドリルのオーガドリルのビットを用いて地盤を掘削し、 杭の先端部に高圧水(ウォータージェット)を送水して掘削することにより杭を引き抜く工事です。
強固な岩盤や深い地盤への引抜きが可能です。

 

PHC杭引抜工事の流れ

1.杭頭を出す

まずはバックホウを使用して杭の頭を出していきます。

2.ケーシングのセット

続いて杭頭とケーシングをセットします。

3.杭の縁削除

オーガで杭の縁を切ります。

4.ケーシング引き上げ

ケーシングを引き上げていきます。

5.完了

ケーシングが引き上がれば工事完了となります。