地盤調査

地盤調査とは?

周辺環境から地盤にはさまざまな種類と特性があります。
地盤は地形状況より、沈下・変形のしやすさに違いがあります。家を建てるときには、まず、地盤が良好か軟弱かを調べ、地盤に応じた設計にする必要があります。 例えばこんな地盤は特に危ないと言われてます。

高低差がありますか?
以前、山でしたか?海でしたか?
近くに川や、池はありますか?
昔は、水田?畑?ではありませんでしたか?
電柱は傾いていませんか?
近所の家で壁でひび割れをみたことはありませんか?
地面はひびわれはありませんか?

地盤調査を行うことのメリット、行わないことのデメリット。

地盤調査とは平成12年の建築基準法改正、品確法の施行により決められた事となっています。
ただし、地盤は建物ではないので品確法の瑕疵担保の対象となる住宅の基本構造部分には含まれませんが、 「地盤の状況を配慮しない基礎を設計、施工した為に不同沈下が生じたような場合には、基礎の瑕疵として本法の対象となる」国土交通省告示第1113号地盤調査の方法には記されてます。

もし地盤調査を行わなかったり、行ってもその結果に応じた地盤補強対策をしなかった事が原因で、基礎に不具合が生じた場合は瑕疵担保責任が発生します。また瑕疵担保責任保険に加入する際には、対象となる住宅の地盤調査が原則義務付けられています。

地盤調査の種類

平板載荷試験

直径30cmの鋼板に荷重を段階的に載せて、沈下量を測定する方法で弊社が行ってる調査内容です。

スウェーデン式サウディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、北欧のスウェーデンで広く普及した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。小規模建築物を対象とした場合に、地盤強度を調べる方法として、現在では最も一般的な方法です。

ボーリング標準貫入試験

ボーリングで孔を開けてレイモンドサンプラーを地中に打ち込む打撃回数(N値)を測定する方法。

不同沈下を防ごう!

家を建てた場所が、軟弱地盤だったために、地盤の沈下が均等でなく沈下量に差が生じる現象を指します。つまり、家全体が均等に沈下するのではなく傾くように沈んでいく事をいいます。
地盤が均等に沈下すれば、家は大きな被害を受けません。しかし、どこか一辺だけが沈むなど、沈下が水辺でない場合には家は歪みや傾きなどの大きなダメージを受けます。

不同沈下が起こると、基礎や外壁にクラック(亀裂)が発生したり、ドアの窓の開閉に不具合が生じたりします。仮に傾斜したままの家に住み続けると、平衡感覚のバランスが崩れ、頭痛、疲労感、睡眠障害、腰痛、自律神経失調症など様々な健康面への悪影響が生じる恐れがあります。
一度、不同沈下を起こした土地は、資産価値が著しく低下する場合があります。修繕には最悪の場合、建物と基礎そのものの作り替えが必要なケースもあり、多額の費用負担をまねくことがあります。