ガイアF1パイル工法

ガイアF1パイル工法とは

本工法は鋼管の先端に堀削刃と半円形の先端翼を溶接接続した基礎ぐいを、地盤中に回転貫入させ設置する工法です。
貫入能力・建て込み精度が高く杭芯ズレの極小性が保たれており、先端翼変形がなく施工精度の高い基礎技術です。
また、従来の工法に比べ多彩な優位性があります。

ガイアF1パイルが選ばれる理由

圧倒的な杭種の多さ

56の杭種バリエーションにより経済設計が可能

高い支持力

先端翼径が200~1150mm
杭先端平均N値50は81~2430kN/本

信頼性

国土交通省大臣認定工法を取得

省スペース

狭小地の施工においてもプラント設備等が不要なため省スペースでの施工が可能です。

環境に優しい

回転貫入するので無残土での施工が実現し、産業廃棄物を発生しません。地盤改良材やセメントミルクおよび水を使用しないので、地下水への影響がほとんどありません。

リサイクル

杭を逆回転させて引き抜くことができ、鉄製品であるがゆえリサイクルが可能です。

CO2削減

輸送・設計用機械の合理化によりCO2を削減

低コスト

高い支持力により無駄な材料を削減できることで材料費の削減と流通の簡素化が可能となり低コストを実現

コンクリートに代わる工法

残土処分費、産業廃棄物の軽減
重機簡素化により施工費、回送費の軽減
重機運搬費の合理化によりCO2削減
将来の解体時、優れた撤去性により、コスト削減
撤去後、リサイクル可能

ガイアF1パイル施工の流れ

①杭の建て込み

基礎ぐいを吊り込み、基礎ぐい先端をくい芯に合わせる。

②杭のセット

くい芯のセット終了後、くい本体の鉛直性を確認する。

③回転貫入開始

基礎ぐいを正回転(右回転)させ、先端翼の推進力で貫入させる。地盤状況により必要に応じて、圧入力を加える。
基礎ぐいの回転貫入時は、 くい体の鉛直性に注意し2方向から水準器などによって、傾斜が1/100以下になるようにする。
また、回転貫入時、回転トルクが、くい軸の短期許容ねじり強さを超えない様にする。

④継手作業

必要に応じて、溶接又は機械式継手により継ぎ足しを行い、順次回転貫入する。

⑤回転貫入完了

ヤットコを用いて所定の震度まで回転貫入させ、管理トルク値を超えていることを確認して、打ち止め管理を完了する。

⑥施工完了

ヤットコを逆回転(左回転)させて引抜き、施工を完了する。

認定書、評定書

ガイアF1パイル工法は高い支持力と高い信頼性により、国土交通大臣認定、日本建築センターの評定を取得しております。

押込み 砂質・礫質地盤
■認定番号 TACP-0482
■平成27年6月26日取得

押込み 粘土質地盤
■認定番号 TACP-0481
■平成27年6月26日取得

引抜き 砂質地盤
■BCJ評定-FD0560-01
■平成28年10月28日取得

引抜き 礫質地盤
■BCJ評定- FD0561-01
■平成28年10月28日取得

徹底した施工管理

ガイアF1パイル工法は高い支持力と高い信頼性により、
国土交通大臣認定、日本建築センターの評定を取得しております。