柱状改良

柱状改良について

柱状改良とは、地盤内にセメント系固化材をスリラーを注入しながら、機械で掘削・攪拌し、円柱状の改良体(コラム)を形成する地盤改良法です。施工機には施工管理装置を標準搭載しており、確実かつ安定した施工品質を提供できます。

杭最終貫入
杭頭処理
杭頭処理後

柱状改良の業務の流れ

シングル施工

①釘・タフテープで明示された杭芯位置に施工機を誘導します。
②ビットを回転し、攪拌部を地中に挿入します。
③同時に、所定量の固化材スラリーを圧送し、原地盤と撹拌器混合を行います。
④所定深度に達したら、先端処理を行います。
⑤引抜き時は、スラリーの圧送を止め、撹拌器混合のみを行います。
⑥杭頭部は時に入念に攪拌混合を行い、施工を完了します。

ダブル施工

①釘・タフテープで明示された杭芯位置に施工機を誘導します。
②ビットを回転し、攪拌部を地中に挿入します。
③同時に所定量の固化材スラリーを圧送し、原地盤と攪拌器混合を行います。
④引抜き時は、スラリーを圧送を止め、攪拌器混合のみを行います。
⑤再貫入を行い、所定深度に到達したら、先端処理を行います。
⑥再引抜きを行い、杭頭部は入念に攪拌混合を行い、施工を完了します。