yoheki-main-img

擁壁下地盤改良とは

高橋重機ではあらゆる地盤改良工事に対応しておりますのが、その中でも特に専門性が高く優れた知識と経験が重要になってくる擁壁下地盤工事に関する検討・設計・施工を行なっております。
擁壁下地盤改良とは、主に住宅地を造成する際に作られる盛り土とその下の地盤の部分を安定させるために行う地盤改良工事のことを言います。
建物を安全に建て・その建物が天災から起こり得る被害から守るために、擁壁下地盤改良は重要な工事であり、より専門的な知識と経験が必要となります。

擁壁下地盤改良における高橋重機の役割

検討
  • 杭の本数や設置場所の検討
  • 柱状杭か鋼管杭かの検討
  • 杭の配分の検討
設計
  • 検討した杭の配置の設計
施工
  • 検討・設計に基づいての施工

高橋重機は建築を設計される設計士の方からのご相談に応じる形で擁壁下地盤改良の検討・設計・施工を行なっております。
元々擁壁がある土地での追加工事などはすでにある擁壁に負担をかけないよう考慮する必要があり、より専門的な知識が必要です。
あらゆる地盤改良工事の豊富な経験から、擁壁下地盤に関する部分のサポートをさせていただいております。

「検討」を自社にて行える強み

高橋重機では、検討を自社にて行い、検討書を設計士の方へご提出させていただいております。

  • 設計条件
  • 改良体の検討
  • 検討結果

など、その場の環境やご要望に合わせて必要な検討を行い、情報を提示しております。
また検討から施工まで一貫して行えるので、情報共有の手間が省け、工事をスムーズに進行させることができます。施行中の万が一のトラブルにもその地盤の状況を把握している者がスピーディに対応することができるので安心してお任せいただけます。

高橋重機の擁壁下地盤改良の特徴

  • 工期期間が短く、全体の工期に影響を与えることが少ない。

擁壁下地盤改良工事の流れ

使用する重機

鋼管回転圧入機 DHJ25-5SP40

施工の流れ

youheki-flow02

①釘・タフテープで明示された杭芯位置に施工機を誘導します。
②ビットを回転し、攪拌部を地中に挿入します。
③同時に、所定量の固化材スラリーを圧送し、原地盤と撹拌器混合を行います。
④所定深度に達したら、先端処理を行います。
⑤引抜き時は、スラリーの圧送を止め、撹拌器混合のみを行います。
⑥杭頭部は時に入念に攪拌混合を行い、施工を完了します。