小規模区画から対応の

PIC-UP工法(先端チャッキング)

従来の杭抜き工事とは

ケーシングを用いて杭周を掘削し、既存杭と土の摩擦を切った後、ケーシングをすべて引上げ、既存杭頭部にワイヤーをかけて引き抜く工法です。
杭を引上げた後、杭孔上部から埋戻し材を流し込み埋戻しを行います。

輪投げ工法にて撤去できる杭の種類

松杭

既製杭

現場造成杭

鋼管杭

ピックアップ(PIC-UP)工法とは

phc-img04-okhapdsm89bm8o8e52jlklhmghxq7hr8hp9krj2pp0
専用のケーシングを用いて杭周を掘削し、先端深度に到達した時点で専用のチャック爪を作動させることにより、既存杭を下から抱え込みそのまま引き抜く工法です。

PIC-UP工法の3つの特徴

特徴①
杭を下から抱え込み引き抜くことで、従来技術では撤去が困難であった中折れ杭(地中でおれている杭)や途中で破損している杭も撤去するとこが可能です。
特徴②
杭引抜と同時に、ケーシング先端部より埋戻し材(貧配合セメントミルク)を注入することが可能であるため、杭孔の崩壊を防ぎながら確実に充填することが可能です。
特徴③
施工管理装置を装備可能であり、時間、掘削深度、埋戻し材注入量等をリアルタイムに管理することが可能です。
※施工管理装置はすべての施工機械に装備できる訳ではありません。

PIC-UP工法の流れ

flow
flow
01
事前調査・測量

工事に入る前に、周辺の車両通行関係調査・施工地盤強度の確認・近隣建物の隣接状況などを確認します。

重機搬入・養生

事前に重機の搬入進路を確保し、現場へ重機を搬入します。
同時に現場の養生を行います。

flow
02
flow
03
重機展開・ケーシング接続

使用する重機の組み立て作業を行います。杭の長さに合わせてケーシングを取り付けます。

flow
04
動作確認

重機が正確に稼働するか、ケーシングについてはチャックが正確に動くかを確認します。

flow
05
位置合わせ

頭出しした既存杭の杭頭とケーシング位置を合わせます。

flow
06
掘削作業

掘削液を吐出させながら所定の深度まで掘削します。

flow
07
ケーシング引き上げ

既存杭が長い場合は、随時杭をカットしながら ケーシングを引き上げます。スピードなどは管理装置にて管理します。

flow
08
埋め戻し材注入

ケーシングを引き上げながら所定の埋め戻し材を注 入する。

PIC-UP工法

作業風景を動画でCHECK!

埋め戻し処理の丁寧さ

高橋重機の使用重機

htg07-ohy6l3lupn68r54n6zawt15cgqvx0hb5989nvblpes
施工機械
htg11-ohyiiosgsqn0l3qm1ews7qtgl7wyz8yh2p0hh0kxw0
大割機
htg08-ohyiil141ei1fn3cy6w0hwimbtyri84wi81w5sp0ak
油圧オーガー
htg12-ohyiinumlwlwegz9hq3w7dt03zkv5bg3im0clmktrw
上部ケーシング
htg06-ohy5cmuq0pp7dvj4hbo39i3jdm02cel8oe44v3f9oc
中間ケーシング
htg10-ohyiipqazkoh1owj6qx5cdbxarblkpnk6vbbk6i1fg
チャッキングヘッド